ロットリングで 現実を生み出す by マクベス

マテュー・ベスドとして知られるマクベスは、1984年カンヌに生まれ、現在はロンドンを拠点に活動するイラストレーターおよびディレクターです。2006年までに 、フランス人の彼はアルルで3Dアニメーションを学び、ポストプロダクションと視覚効果専門で受賞歴もあるロンドンのThe Millで働きはじめました。マクベス自身の作品の中心は、 モノクロのイラストレーションとアニメーションです。また、自身のバンド、The Dead Piratesでギターを弾いています。

どのように制作を進めますか?

基本的に、2通りの違ったやり方があります。コンピュータ上のPhotoshopですべてのイラストレーションを描くか、 ペンとペンシルを使うかです。後者の場合は、ペンシルで下絵を描き、それをラピッドグラフかイソグラフの製図用 ペンでなぞり、新たな線や詳細を加えます。あまり何かを意識せずに、ペンが動くままに任せます。

なぜロットリングのペンを使うのですか?

いろいろなブランドを試したんですが、他のブランドではこの深い黒が出ないんです。それに、サイズも理想的です。 コンピュータでは、極細の線を使い、複雑で入り組んだ影を描き込みます。ロットリングのファインライナーの太さで、 紙でもこの作業を行えます。

インスピレーションを受ける人やものは?

日々の生活、友人たち、家族、そしておそらく自分の子供時代からも。一日の終わりには、女性と食べ物と 音楽のことばかりです。インターネットサーフィンや、仕事に 全然関係ないことをしているときにもインスピレーションを得ることがあります。あらゆることが動いていて、私の心を刺激します。

商業的な仕事は、フリーランスとしての仕事と異なりますか?

だんだん違いはなくなっています。The Millのディレクターとしての仕事が、フリーランスの仕事にも影響しています。

マクベスの全作品は、彼のウェブサイトでご覧ください。