ロットリングで 現実を生み出す by セナ

1982年生まれのセナは、イスタンブールを拠点に活動するアーティストであり、グラフィックデザイナーおよびファッションデザイナーです。2006年まで、ロンドンのセントラル・セント・マーチンズ・カレッジ・オブ・アートで学びました。彼女の活動の中心はイラストレーションと絵画です。

どのように制作を進めますか?

制作に取りかかる前に、周りの世界で何が起こっているかを眺めまわします。それから、ペンシルと紙を使って描き始めます。下絵ができたら、それを大きいサイズの紙や、ときにはキャンバスに描き写します。

どんな種類のペンを使いますか?

紙に描くときには、カリグラフィー用ペンでインクをたっぷりつけます。細かい部分にはより細いペンを使います。キャンバスなら、油絵の具と筆です。必要があれば、カリグラフィーをキャンバスに使ったり、紙に油絵の具を使ったりもします。いつも、さまざまな技法や素材を組み合わせています。

アイデアはどこから生まれますか?

日常の生活や周囲の人々から、特に、社会における女性の役割にインスピレーションを得ます。友人たちの輪にはあらゆるタイプの女性がいます。文化的、経済的背景は皆それぞれです。みんなとても強くて、誰もが家族のために働いています。そんな理由もあって、彼女たちのストーリーは私に大いに刺激を与えてくれます。

文学があなたの創作に果たす役割は?

ファンタジーノベルが好きです。いろいろな物語がごちゃごちゃになったりしますが、これも仕事に影響しています。