ナタリー・ニーレンガルテン インタビュー

"ただの感情や色、単語からインスピレーションが湧くことが多々あります。私は日々のささやかなことにとても敏感です。 長靴で水溜まりの水を跳ね上げるとか、そんな些細なことから小さな幸運の瞬間を得ています。私のイラストレーションは、 子供時代やキッチュさ、ギラギラしたもの、ゴールド、色情、ピンクの羽根、さまざまな模様、モンスター、 魅力や可愛らしさ、馬鹿らしさ、醜さが一緒くたになっています。

ある種の醜さに惹かれます。たとえば、七面鳥 — 頭はおぞましいほど醜いですが、同時に 取り憑かれるような美しさがあります。醜さを、とてもエレガントなものと融合させるのが好きなのです。いつも、単なる 感情や漠然としたイメージ、色の連想が頭に浮かびます。私はただ、それを紙に描きつけようとしているんです…白と黒でね! "

ナタリーの作品はこちら:www.nierengarten.de/